光るどろだんご

漆喰珪藻土土壁自然素材から豊かな暮らしを。左官内装壁リフォームの提案。三浦半島の左官屋。>神奈川県三浦市。(有)左菊
光るどろだんご(光る泥団子)1

光るどろだんご(光る泥団子)1 「この中で左官屋さん知っている人? 手を上げて!!」

と、左菊の代表取締役親方が、どろだんご作りワーク
ショップで必ず、子ども達に尋ねます。

100人近い子どもと親の中で、左官屋を知っている人は
ほんの数人。。。寂しい限りです。。。

そんな中、代表が自身のものづくりに対する研究の中で
気付いた、左官がもたらしてくれる人生の豊かさ。

そんな事を、ものづくりを通じて、幾つかのメッセージを
ちりばめながら、ものづくりイベント、ワークショップの開催
および、支援を行っております。


  


光るどろだんご(光る泥団子)2
光るどろだんご(光る泥団子)3

日本の左官の伝統技術である「大津磨き」と呼ばれる工法を応用して作ったどろだんご作りです。
球体の芯は、土壁の土(土・砂・藁)で出来ています。

丸めた土のだんごを粘土と顔料(色の粉)で出来た「のろ」と呼ばれる材料を塗りつけ、ガラス瓶で丁寧に
磨いていくものです。 子供達に大人気! 同じ材料を使って作っても、みんな個性的な仕上がりになる
のも魅力! そして、「出来た!!」という達成感を味わえるのも人気の秘密です。

光るどろだんご(光る泥団子)動画1
大人気 光るどろだんご作り。
その作り方のビデオです。

(3分ショートバージョン)
光るどろだんご(光る泥団子)動画2
大人気 光るどろだんご作り。
その作り方のビデオです。

(10分ロングバージョン)
光るどろだんご(光る泥団子)facebook
光るどろだんご倶楽部。

フェイスブックにイベントの
様子など掲載しています。


2012年5月末〜6月上旬。
南フランスの土の建築展に参加してきました。

伝統的な土の建築を今一度科学して、現代にどう活用
出来るか? 日々そんな研究がなされている研究所で、
土祭りが開催されておりました。

そこで感じたのは、自国の文化を大切にする姿。
子供達に遊びの延長線上で、「なんで土は固まるの?」
と言う事を、実体験として感じてもらう。

そんな一見穏やかな雰囲気の中、とても緻密なWSが
開催されていました。

世界中の学生や卒業生達が「土」を合言葉に集合するには、どこか人間の営みの本質に、やはり「土」
がしっかりと根付いているのだと思いました。

言葉は通じなくても、分かりあう事が出来る。
これぞ、ものづくりの醍醐味。 私も左官を通じて様々な方との出会いがありました。

「創る」という行動は、それだけで、人を惹きあう力を持っている。
その様に私は思います。
                               有限会社 左菊 代表取締役親方 鈴木 一史



Copyright (C) 壁創り百年の匠 [ 有限会社 左菊 ] All Rights Reserved.